【売れる販売員】プロとしてプライド持ってる?

ファッション

皆は販売員としてのプライドはありますか?

アパレル販売員は誰にでも出来る簡単な仕事だと、自分自身が思っていませんか?日本人が持つ謙遜の感覚がいきすぎたのか、お客様からお褒めの言葉を頂いたりしますと

「いえいえ、そんな事ございません」と、返事をしたりしていませんか?

と、言うのも私のお店でのそのようなシチュエーションがあり、その時に接客していたスタッフの反応が何とも言えない、奥歯にものが挟まってしまったような気持ち悪さを覚えてしまったのです。

そして、その時に改めて思ったのです。私たち販売員はプライドを持たなければいけない。
ファッションのプロとしてお客様と接していかなければならないと。
そうでなければお客様にとても失礼じゃないかと思ったのです。
今回はそのシチュエーションを元に、私なりの考えを伝えたいと思います。

褒められたらどんな対応する?

まずはそのシュチュエーションから。

そのお客様はとてもお話をするのがお好きなご夫婦です。
この一年の間でも、定期的にお店に足を運んでくださいまして、その時々で必要なお洋服をお買い求めくださいます。
それなりの金額を使ってくださってますので我々としてもお店全体でおもてなしをしていました。

そんなある日、いつもの様に旦那様のお洋服選びのお手伝いをしていると、その奥様が接客してるスタッフに向けて、ありがたいお言葉をかけてくださいました。

「こんなにすぐこの人に似合うコーディネート用意できて凄いですよね。私達にはできないよ。」と。

ありがたいですよね。この言葉をいただく為に販売員をしていると言っても過言ではないくらいです。
もちろんお客様の真意はわかりませんが、素直に受け取るのであれば単純に褒めてもらってますよね。

そのスタッフは私より先輩でしたからそれなりに長く販売員をしています。
きっと嬉しかったはずです。

ただ、その時のスタッフの返した言葉は、
「いえいえ、全然そんな事ないですよー。何の資格もいらないですからね」
でした。

その返しを聞いた時、なんとも言えない違和感を覚えたのです。
そんなに自分を低くして良いのかな?と
今まで接客業、販売員として費やしてきた時間は、本当にそんなに大した事ではなかったのかな?と。

もちろん「でしょ?すごいでしょ?」みたいにドヤついてふんぞり返るのが良いとは思っていません。

ですが、「日々、勉強させてもらってますからね。何とかお客様の期待に答えられるように頑張ってますよ。」くらいは言っても良いじゃないでしょうか?

本当に頑張って日々勉強して接客をしていたとしたら、
「そんな事ない」わけないと思うのですが、どう思いますか?

その発言の奥にあるモノ

例えば世界で活躍するアスリートが、何かしらの大会で1位を獲ったとして、そのインタビューで記者から「1位、素晴らしいですね!今の感想は?」と聞かれたら、


この日の為に沢山練習しました。
辛いことも沢山ありました。辞めたくなる事もありました。
すごく嬉しいです。ここまで努力してきた甲斐がありました。
これまで支えてくださったファンの方たちに感謝です。

とか、言いますよね、きっと。

間違っても、

いやーそんな事ないですよ。
記者さんでもできますよ。資格なんか入りませんからね。
大して努力もしてませんよ。

なんて言いませんよね、きっと。

販売員にだって同じような事が言えると思うんです。
世界で活躍するアスリートとは努力量が違うかもしれませんが、

お客様にお買い物をしてもらう為に、接客スキルを勉強したり、トレンド情報を仕入れたり、コーディーネートをあれこれ考えたり、売り上げとにらめっこしたりしていますよね。

お客様から「すごいわね」と言われたら、自分の努力を認めてもらって良いはずです。もっと自分のことを褒めてあげても良いはずです。

仮に3年、5年と続けていたのであれば、その間に費やした時間を無駄にしない為にも、もっとプライド持って仕事するべきではありませんか。

「そんな事ないです」と言わなくても良いように。

ちゃんとお客様と向き合って仕事しているのであればそんな言葉は出ないですよ。

ちゃんと、一生懸命仕事していたとしたら「そんな事」ではないですよ。

まとめ

販売員という仕事が他の仕事より優れているとか、カッコいい仕事なんだとか、そこまで持ち上げるつもりはありません。
もっと難しくて、もっと全体に憧れられる仕事はいくらでもあります。

だからといって販売員の能力が低いとは思っていません。
その領域においては他業種より優れているはずです。優れていなければいけないはずですし。

その領域においてはプライド持って仕事をしましょうよ。

私はこの世界で頑張っているんだ!と。
他業種の人達よりも圧倒的にファッションに費やす時間が多いのだ。
その知識は誰かに求められている貴重なモノなんだ!と

それがアパレル販売員のプライドではないでしょうか?
それすらも「そんな事ない」と自ら否定しますか?

決めるのはあなたです。

アパレル「売れる販売員になる」セット率を上げるには?考え方と方法
販売員の見た目も9割!?売れる販売員の特徴は?
「売れるアパレル販売員になる」~決定率を上げる1つの接客方法
アパレル「売れる販売員になる」高い物を売るには?考え方と売り方。
「売れる販売員になる」アウター売るなら押さえておきたい6つの事。

副業はじめませんか?

ブログで副業をはじめませんか?

今まで散々言われてきた事ですが、これからは個人で稼ぐ時代。

特に、最近の状況を考えると「本当にこのままでいいのだろうか?」と漠然と考えている人もいるはずです。

私のようにブログを運営して、月に3万から5万でも継続的に収入があったら…

会社に依存しているだけではいけないかもしれない。

収入源を増やした方が良いかもしれない。

そう感じているのではあれば、まさに今始めるべきです。

何をして良いのかわからない人に向け、収益化の為のブログの作り方を発信します。

ここから発信する内容は全て無料の情報になります。
※ブログの運営自体は無料ではありません。

少しでも今の状況を変えたいと思っているなら、こちらから情報を見てください。
【こちらパスワード→masuosatoshi】


これからブログを始めたいと感じたあなたへ
ファッション 接客
スポンサーリンク
執筆者
masuo

アパレル販売員をひたすらに続けている30代
大手SPAアパレルで店長をしていたが、待遇面に不安があり、
アパレル販売員でももっとお給料をいただけるブランドに転職。
現在店舗にて販売力強化の為のマネジメントや、
ネット上での商品提案業務など行いながら、日々奮闘中。

アパレルの販売員に役に立つ情報や、日頃感じた事などを
ブログにしていきます。
2児の親バカ。

masuoをフォローする
悩める販売員マスオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました