【アパレル】人手不足の店を辞める方法!強引さも大切です!

悩み
マスオ
マスオ

もうこのお店辞めたいんだけどな…

でも、私がいなくなったら、お店回らなくなっちゃうし…
なんだか気がひけるし、

あなたはそんな風に考えていませんか?
優しいんですね。
ところで、そのまま辞めずにお店に居続けることは良い事でしょうか?
イヤイヤ仕事していて成長は見込めるでしょうか?

違いますよね。

お店のことを考える前に、あなたはあなたの事を考えるべきです。

アパレルは人員の流動性が高く、人手不足に悩まされているお店も多いでしょう。
事実、私もMAX3人で、平日はワンオペ当たり前のお店にいた事もあります。

なので「自分が辞めてしまったら…」と考えてしまうのも理解ができます。
いざ、「辞めたい」と思っていてもお店がそんな状態だと、実際に行動に移す事に二の足を踏んでしまう気持ちもわかります!

今回はそんな「辞めたいけど辞めれない」優しいあなたに向けて現役販売員の私が背中を押す為の記事となっております。

お店の状況がどうであれ、そこにいるのが辛いのなら辞めないと何も良いことはありません。

現役で働いている私が言う事でもありませんが、販売員以外にも仕事は沢山ありますから。

人手不足だからと辞められない優しい人へ

お店の人員状況なんて気にしなくて良いのです!

そもそもですが、人手不足だからお店を辞められないと考えてしまうのが良くない事ですね。

その考えの元であれば、そのお店の人員が潤う事なくこれからも不足した状態だと、あなたは一生辞める事ができません。

人手不足はあなたのせいじゃないからね。

たまほめ
たまほめ

きっとあなたはとても責任感が強いのでしょう!

そもそも人手不足を招いたのは誰なのか?
もしあなたが店長という立場であれば、少なからず責任があるかもしれませんが、基本的には会社の責任です。

それなりに人の流動がある業界ですから、どうしてもお店に人が足りないと言う状況が起きてしまうことがあります。
であれば、求人広告を出すなり、ヘッドハンティングをするなりして新しい人員を会社が確保すべきなんです。

大手アパレルであれば、店長に人事の裁量権がないことがほとんどでしょう。
あなたの努力でどうにかなる問題を超えてしまっているのです。
つまり、人手不足はあなたの責任ではないのです。

あなたが抜けてしまったらお店が回らなくなるのか?

あなた
あなた

自分が抜けてしまったらお店が回らなくなってしまって、迷惑をかけるんじゃないか?

そう考えてしまう人もたくさんいますよね。

店規模や、どれくらいの人員不足なのかにもよりますが、

一人抜けると本当に困ります。

マスオ
マスオ

まじで結構困るんですよね。

店長なんかは1人減るだけでもシフト作成が高難度になったり、顧客を沢山かかえているスタッフが抜けたりすると売り上げは大幅ダウンしてしまう事もあります。

お店が回らなくなってしまい、他店から毎日ヘルプを貰わないといけないお店も見てきました。
確かに、一人抜けてしまうとお店が回らなくなる事もしばしばあります。

だけど、関係ありません!

減った人員をどうにかするのは会社の仕事。
減った人員でも売り上げをどうにかするのは会社の仕事&お店に残った販売員の仕事。

辞めた後のお店の事を考えるのはあなたの仕事ではありません。

あなたの仕事は、これからの自分の事を考えることです

同僚から嫌われてしまう

あなた
あなた

こんな状況の中辞めるのってなんだかみんなに悪いわ…

嫌われたって気にしてはいけません!

今まで一緒に働いてきた仲間達。
売り上げが良い時も悪い時も…苦楽を共にしてきたメンバー。

「辞めたいな…」と考えた時に「でも、周りのスタッフには恵まれた気がする…」なんてセンチメンタルな気持ちになったりしていませんか?

残念ながら、辞めた人間の事を思い出すのは年に1回くらいでしょう。

マスオ
マスオ

ドライかもしれませんけど、意外とそんなもんですよ。

あなたの退職に対してネガティブな感情持つ人とは、その後会う事が極端に減ります。

辞めた人間に対してグダグダ言う奴も中にはいますけど、そんな奴は無視です。

それでもあなたと関係を続けてくれる人だけが、あなたの味方です。
その仲間を精一杯大切にしたら良いじゃないですか。

無駄な関係を省けていいですよ。

なかなか辞めさせくれない上司もいる。


自分よりも立場が上の人から引き止めにあった場合はどうしたら良いのか?
それには少し強引さが必要かもしれません。

マスオ
マスオ

相手がどんな方法で止めにくるのか知っておく事も大事ですよね。

辞める意思は伝えたけど、なだめたれてしまった。

お店の状況に関係なく、上司に退職の意思を伝えた時、

「困るよ…お店の状況考えてよ…」なんて宥められてしまい「はい…わかりました…」と、折れてしまう人がいます。

もしこれを読んでいるあなたがそんな人ならば、本当に申し訳ない。

まじでチョロすぎです。

ちょっと強く訴えて踏みとどまってくれるなんて、楽勝だったな。
と、思われてますよ。

実際に上司は引き止める時に、強引に引き止める方法や、給与交渉、キャリア変更、キャリアアップ案、社会人としての云々かんぬん…
いろいろと考えるんです。

それがですよ。
ちょっと「人手不足で…」と言って引き留められたら、まじで楽勝だと感じます。

何度も言いますが、人手不足はあなたの責任じゃないので、「いや、勝手に困ってろし!」で一蹴してしまいましょう。

人手不足と言うことで、時間を作ってくれない上司

上司との話が全然進まない…そりゃ人手不足だからわからんわけでもないけど…

私が辞める時にいたのは「全然時間を作ってくれない上司」

実際に退職するのに本気出せば上司の承認なんて必要はありませんが、私もちょっと古い人間でしたので、一応義理は通そうかと上司との話し合いの場を設けました。

設けようとしたのですが、事あるごとにスルーをされ、無視され、LINEは既読スルーをされ、電話の折り返しもなく…

その時に「こんな上司の下で俺は働いていたのか…」と悲しくなったのを覚えています。

もしかすると、あなたの上司もいざ退職の意思を伝えると「見ざる言わざる聞かざる」上司に変身してしまうかもしれません。

もし、あなたが義理を通したいなら、根気よくコンタクトを取っていくしかないでしょう。

すぐにでもどうにかしたい、その時はさらに上司、もしくは人事に直接電話しましょう。

キャリアアップ、キャリアチェンジをすすめてくる。

昇給とか異動とかいろいろ言われて引き止められるけど、
受け入れたほうがいいのかな?

さらによくあるのはキャリアアップ、キャリアチェンジの提案をしてくること。

「あなたには〇〇店の店長をまかせようと思っている。」
「今の部署が不満なら〇〇への異動はどうだ?」

わたしも言われました。
「〇〇店の店長にしようと思っている。そこでキャリアを積んでから転職したほうが泊がついて有利だろ?」と。

条件が良ければ、気持ちが揺らいでしまいそうですよね。
しかし、ここで確認をしなければいけないことがあります。

それは「確約」なのかどうかです。

それをちゃんと実現し、叶えてくれる会社であれば考える余地はあるのかもしれません。

しかし酷い場合、口約束をしただけでその条件はずっと果たされない可能性があります。

私の後輩にその約束を信じてボロボロになった子もいます。
いつまでも希望のブランドに異動できず、ひたすらコキ使われてモヤモヤしながら仕事をして...
結局彼女の希望は最後まで叶うことはありませんでした。

もし、会社が条件を提示してくるなら、
その条件がいつまでに実現をするのかをハッキリさせること。
そして実現しなければすぐにでも退職をし、それ以上の引き伸ばしは絶対にしないと約束させること。

これくらいのあなたの気持ちを伝えておいたほうがいいでしょう。

それでもなかなか辞めれない人へ。

それでもなかなか辞めれない。退職の意思を伝えられない人は、退職代行サービスを使いましょう。

色々と条件を提示してでも引き止めてくれるような会社ならまだ良いですが、
残念ながらアパレルの中にもブラックな会社は存在します。

そもそも…怖くて「辞めたい」とか言えない…

社内に漂う暗黙のルール。
有無を言わせない高圧的な空気。
「辞めたい」と言えば一言目に恫喝まがいな事を言われる。

あなたの意思をことごとく打ち砕く会社にいるのであれば、独りで戦っていはいけません。

第三者の力を、誰かに助けを求めましょう。

【退職代行ガーディアン】※今まですべての人が退職に成功しているそうです

彼らは退職のプロフェッショナル。
職場の上司より、圧倒的に労基法など国の定めるところに詳しい人です。
上司なんかが敵う相手ではありません。

多少お金はかかってしまいますが、それを上回る大きなメリットがあります。

あなた独りで頑張ってどの程度の期間で退職できそうですか?
代行を使えばそれより遥かにスピーディに退職ができます。場合によってはその日のうちにでも辞めれます。

有給の消化やボーナス、退職金の支払い交渉を、上司に気を使わずできますか?
第三者だからこそできることもあるんです。

あなたが上司に退職の意思を伝えるのが億劫なのであれば、代わって誰かに伝えてもらうのも1つの手段になります。

まとめ

あなたが辞めたくなるのはあなたのせいではありません。

職場の空気や待遇、人手不足を招き放置してしまう環境、それらは全て会社の責任です。

あなたの事を会社は最後まで守ってくません。
自分を守るのは自分自身です。

辞めれずにモジモジしている時間、もったいないと思いませんか?

もし辞めれずにずるずると会社に残る未来を想像した時、自分の思い描いた未来が待っているでしょうか?
モヤモヤとした時間を過ごして成長が見込めるのでしょうか?

「お店が人手不足だから辞めれない…」と続けていると、本当に後悔します。
私は、もっと決断を早くすれば良かったと、とても後悔しました。

考えてみてください。あなたが大切したいものは何ですか?
「お店の人」「会社の人」「自分」「家族」「夢」

もう1度確認してみてください。

悩み 転職
スポンサーリンク
執筆者
masuo

アパレル販売員をひたすらに続けている30代
大手SPAアパレルで店長をしていたが、待遇面に不安があり、
アパレル販売員でももっとお給料をいただけるブランドに転職。
現在店舗にて販売力強化の為のマネジメントや、
ネット上での商品提案業務など行いながら、日々奮闘中。

アパレルの販売員に役に立つ情報や、日頃感じた事などを
ブログにしていきます。
2児の親バカ。

masuoをフォローする
販売員のライフブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました