新年度、それは新規お得意様を増やすチャンス。売れるアパレル販売員

ファッション

新年度がスタートしまたね。

昨年度はどんな一年だったでしょうか?

それにしても、最近の時代の変化スピードは、本当に早いと思います。

販売員として求められるものも同じように、変化していると思います。

今年度も頑張りましょう!

さて、新年度が始まるときはどんどんお得意様を増やすチャンスですね!

そんな時に私達販売員がお得意様を増やそうとする意識をもっているか、いないかで、また差が出ると思います。

お得意様増やしたいですよね。


「新しいお客様」が増える新年度


新年度に「新しいお客様」が増える理由としては環境が変わる方が多いということです。

小学生から中学生に。

中学生から高校生に。そのまま働く人も。

高校生から大学生に。または就職する人も。

社会人になってようやく一人暮らしを始める人。

そして、親元を離れたり、異動になったりして新しい街へ(あなたの住む街へ)引っ越したり。

そういった様々な環境の変化の中で、新しい出会いが生まれてくるわけです。

小学生から中学生になった子。

今までキッズのショップに行っていたけど、少し大人になったし、体も大きくなった。

もう中学生になれたし、ティーンズのショップに行こう。

中学生から高校生になった子。

バイトを始めて自分のお金で自分の物を買いに行ける。今まで見るだけだったあのブランドに買い物に行こう!

高校生から大学生になった子。

大学生は制服ないから、ある程度着回せるおしゃれな洋服が必要だな。

何か探しに行こうかな。

異動になった人。

始めての街で始めて心休まる休日。ちょっと出掛けてみるか。何かないかな。

例としてあげましたが、ざっとこんな感じですかね。

そして新しい環境に変化したお客様が、偶然にも私達と出会うのです。

そんな時に私達販売員は何が出来るのか?

何をすればお得意様になってもらえるのか?

正解はないと思います。お客様のタイプも違うので。

例えば…と、言うことで、あなたの街に引っ越してきたお客様を想定してみましょう。

スポンサーリンク

あなたはこの街の代表の一人だ。そのお客様に街を愛してもらおう。


引っ越し作業もある程度落ち着いてきたし、

買い物でも行くか。と、街へ出掛け、あなたが働くお店にも足を運んでくださったとしましょう。

そこであなたはそのお客様と会話をしますよね。そこでのあなたの印象はきっと、とても大切だと思います。

見た目だったり、親切な対応だったり、お客様を楽しませる会話力だったり。

そこでのあなたの印象が非常に良いものであれば、また来てくれるでしょう。

逆に、そこでの対応が良くなければ、また来てもらえる可能性はぐっと下がってしまうでしょう。

では、そのようなお客様にとって親切な対応だったり、楽しい会話とは何ぞや?ってところですけど、

一つの例としてはその街のおすすめスポットや、あなたのお店の周辺のおすすめスポットを教えて差し上げる!なんてのも一つのサービスですよね。

そのおすすめスポットにお客様が行くことになればあなたの印象もさらに強くお客様に残ることでしょう。

お客様に覚えてもらうことは大切ですからね。

https://masuo.work/2018/11/07/salesperson-remember-no-forget/

副業はじめませんか?

ブログで副業をはじめませんか?

今まで散々言われてきた事ですが、これからは個人で稼ぐ時代。

特に、最近の状況を考えると「本当にこのままでいいのだろうか?」と漠然と考えている人もいるはずです。

私のようにブログを運営して、月に3万から5万でも継続的に収入があったら…

会社に依存しているだけではいけないかもしれない。

収入源を増やした方が良いかもしれない。

そう感じているのではあれば、まさに今始めるべきです。

何をして良いのかわからない人に向け、収益化の為のブログの作り方を発信します。

ここから発信する内容は全て無料の情報になります。
※ブログの運営自体は無料ではありません。

少しでも今の状況を変えたいと思っているなら、こちらから情報を見てください。
【こちらパスワード→masuosatoshi】

これからブログを始めたいと感じたあなたへ

ファッション 接客
スポンサーリンク
執筆者
masuo

アパレル販売員をひたすらに続けている30代
大手SPAアパレルで店長をしていたが、待遇面に不安があり、
アパレル販売員でももっとお給料をいただけるブランドに転職。
現在店舗にて販売力強化の為のマネジメントや、
ネット上での商品提案業務など行いながら、日々奮闘中。

アパレルの販売員に役に立つ情報や、日頃感じた事などを
ブログにしていきます。
2児の親バカ。

masuoをフォローする
悩める販売員マスオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました