アパレル販売員がアパレルで転職して良かったこと。大変な事。

転職

アパレルの販売員を長くしていると、やはり転職をしたほうがいいのか?そのまま続けた方が良いのか?今のままの会社でキャリアアップしたとしてその後どうなるのか?

など、(どこの業界もそうだと思いますが)ある程度の年齢になったら考えてしまいますよね。

わたしも何が正解なのか?未来の事はわかりませんから、悩みましたし、不安がありました。

結果としてトータルとしては転職をして良かったと思っています。もちろんすべてOK!ってわけではありませんし、新しい職場には新しく職場なりの困難がありますから。

ただ、楽しく販売員をやらせてもらえるのは幸せですよ。

と、言うことで、悩める販売員マスオの転職して良かった事、でも大変な事をお伝えしたいと思います。


良かった事


・給料が上がった。

ありがたい事ですが、経験も考慮していただき、年収にプラス100万くらいして貰いました。今働いているブランドも日本ではかなり有名なブランドでしたが、その前はもっと名の通った、それこそ日本のアパレルの中ではかなり大きな会社でした。

そこで店長をしていたと言う事もあってなのか、少し優遇をしていただけたのかもしれません。考え方としてはゲスいかもしれませんが、前職での店長のプレッシャーから解放され、もっと年収良くなるって、めっちゃええやん!ってなってます。

・時間的余裕が出来た。

残業時間が減りました。その事によって、自分時間や家族との時間が増えました。

今まではほぼ帰りが遅く、夜の11時くらいが当たり前でしたから、帰っても子供はもう、寝ている。そして次の日は子供が起きるよりも早く家を出ていく。そんな生活が続いていましたが、

今では夜8時とか、9時とかに家にいる。子供が起きてる!子供と絡める!

※ぁ、子供がいます、実は。

そんな時間があるだけで結構嬉しいもんです。

・新しいスキル、知識が身に付けられた。

長い間、ひとつの会社で、その社内で展開されているブランドや、その会社の戦略、マネージメント、販売方法、etc…沢山の事を学ばせてもらいました。

ただ、

新しい会社で展開しているブランドの知識や、考え方、戦略、そして新しいお客様層との出会い、様々な新しい事を學ぶ事が出来ています。

それはきっとこれからの自分の人生において、間違いなくプラスになります。

ひとつのスキルをひたすらに尖らせ、どんな物でも突き刺す事が出来たとして、クリアしたい問題が突き刺す事では解決出来ない、例えば切る!が正解ならどうだろうか?

新しい知識、スキルが身に付くとはそうゆう事だと思います。

スポンサーリンク

大変だったこと。


・新しい作業を覚えるのは結構大変。

アパレルですから一日の流れや、おおまかな考え方はそんなに変わりませんでした。

ですが、お会計方法(レジ打ち方法など)や、店舗間での商品のやりとり、棚卸しなどの作業手順や、その際に使用するものの違いがあり、

イレギュラーな事があるたびに、「やべ!俺何かまずいことやってもうたか?」と、ヒヤヒヤしたりしてました。

・新しい顧客開拓をしなければならない。

ありがたいことに、以前働いていたブランドから別のブランドに移っても、私の元へ足を運んでくださるお客様はいます。ただ、すべてのお客様ではありません。

以前のブランドの部下に引き継ぎをしたお客様や、そのブランドに愛着をもってくださっているお客様は、無理に私の所へお呼びするわけにはいきませんでした。

しかし、私が今まで作ってきた実績があり、それは多くの顧客様によって支えられてきました。

新しい会社にお世話になりますから、今までのような実績を作りあげるには、新しい顧客開拓が必要になったわけです。

顧客開拓の難しさは、わかると思います。

・新しい人間関係の構築。

職場が新しくなれば、関わる人間も新しくなります。特に私の場合、以前の職場での人間関係はとても良好でしたし、会社からの信頼もソコソコ良かったと自負してます。

その関係が一気にゼロになります。

店の中だけじゃなく、関連部署との関係も少しずつ構築していかないといけません。

マスオここにあり!

みたいな感じですかね。笑


自分の決断に責任を持つこと


転職をすることがあなたの人生において好転へ繋がるのかどうかはわかりません。転職をして状況が悪くなり、戻ってくる人がいる事もありますし、そのような人を何人も知っています。

だから、みんなどんどん転職しようぜ!みたいな事はわたしには言えません。

わたしから言えることとすれば、

自分の決断に責任を持つこと

転職をするにしても、しないにしても、

そしてその決断をしたうえで訪れた未来が自分の理想と違ったとしても、

自分が選んだ道だと覚悟を持ち、他の人や環境、境遇のせいにしないこと。その事がとても大切だと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました