【転職体験談】アパレルからエンジニアに転職したK氏

転職

転職したいと思ってもなかなか一歩を踏み出せない人もいるでしょう。
職場でも相談できる人はいないし…不安もあるでしょう。

そこで、私マスオが色々な方の転職体験談を集めてみました!
アパレルを経験した人、アパレルへ転職してきた人などの生の声をあなたにお届けします!

今回お話をお伺いしたのは、アパレルの販売員からシステムエンジニアに転職を果たしたK氏。
システムエンジニアに転職って…すごいですよ!今では生活も充実しているみたいです。
それではご紹介しますね!

アパレルからエンジニアに。異色の転職に成功したK氏

アパレルからエンジニアに転職した

私は地元札幌市の大学を卒業後、約3年間アパレル業界で働いていました。全国に店舗を構える大手セレクトショップで約1年間、個人経営の古着+セレクトを扱うショップで約2年間の合計3年間です。

現在はアパレルとは全く関係ないですがシステムエンジニアとして都内のIT企業で働いています。私自身転職をしたことでかなり人生が前向きになっていきました。

アパレル店員からエンジニアへの転職は異色の経歴かと思いますが、今まで働いてきたお店の良い部分、悪い部分、金銭事情なども交えて私自身の経験をお伝えさせていただければと思います。

アパレル時代〜大手セレクトショップ〜

大学卒業後、私が新卒で入社したのが大手セレクトショップ。入社当時はベンチャー企業感が満載の体育会系のノリでした。この会社で働いたのは約1年間でしたが良かった部分を挙げるとしたら大きく2つあります。

それは給料が高かったこと、接客の技術がかなり身についたことです。

給料が高い

給料が高かったというのも初任給が総支給25万円+インセンティブという内容でした。正直アパレル1年目の初任給にしては良い給料だと思います。もちろん給料は固定残業代込みの給料です。

接客の技術が身についた

接客に関しては会社が考えている接客ロジックを新人研修で叩き込まれました。あとは先輩の姿を見て現場で学べという方針でした。トライ&エラーを繰り返して自分の接客スタイルを身に付けていくといった感じです。自分で考えながら接客する営業力がかなりついたと思います。

やっぱり接客力は身につきますよね!コミュニケーションスキルは持っていて損はありませんしね!

悪かった部分は大きく以下の2つです。(細かい部分を挙げるともっと出てきます笑)

とにかく売り上げが1番

会社では個人の売り上げが何よりも大切でした。営業終了後、毎日各店の日報で個人のその日の売り上げが記載され、社内ランキングが毎日更新されるシステム。誰が1番売っていて、誰が1番売れていないか、今自分が会社で何位の位置にいるのか一目で分かるようになっていたため、毎日がプレッシャーとの戦いでした。

休日返上の顧客対応

購入していただいたお客様と連絡先を交換し、後日お店に呼び出したりもしていました。ただ、普段働いている日に呼び出すと新規のお客様へ接客する回数が減ってしまうので自分が休みの日に呼び出し、顧客さんがお店に来る時間に合わせて自分もお店に休日返上で対応します。もちろん休日なので給料は出ません。

改めて振り返ると結構キツかったです…笑
がむしゃらに約1年間働いてきましたが、転職のきっかけはたいしたことではないです。

純粋に今自分がしている接客ってカッコ悪いなとふとしたタイミングで感じたんです。もっとお客様としっかり向き合って接客したいと思ったのがきっかけです。

アパレル時代〜古着屋〜

古着屋時代

2社目の転職先は個人経営の古着+セレクトを取り扱うショップでした。特に社員募集などはしていませんでしたが、ダメ元で履歴書を出したところ幸運にも働かせていただけることになりました。当時住んでいた高円寺の自宅から近く徒歩5分。ミリタリーの古着と新品の服を組み合わせて提案をする自分好みのテイストでした。1日の来店人数こそ多くはないですが、しっかり1人1人時間をかけて接客し、顧客さんを大切にするお店です。

このお店で働いてみて良かったと感じた部分は大きく2つあります。

それは服が詳しくなったこと、接客以外に色々学ぶことができたことです。

服に詳しくなった

社員数が自分含め3人の会社でした。他2人のスタッフは自分よりも7つほど年上で服の知識も豊富。お店に来られるお客様も服に詳しい方が多く自然と知識は増えていきました。個人的に古着の魅力に気付いたのがこのお店で働いたタイミングでした。

接客以外のことを色々学ぶことができた

人数が少ないため日頃の商品撮影、展示会回り、裾上げ、ECサイト運営などあらゆることを少ない人数でこなしていました。今思い返すととても良い経験をさせていただけたと思います。

ただ、圧倒的に悪い部分もありました…

それは福利厚生が整備されていないことです。具体的には以下の2点です。

有給休暇という概念がない

これはもしかすると個人経営のショップあるあるかもしれませんが、有給休暇という概念がそもそもなかったです。以前オーナーに有給休暇を下さいと頼んだことがあります。その際オーナーからの返事は「うちには有給休暇はない。お前に与えると他のスタッフにも与えないといけなくなる」でした(笑)

残業代なし

これもブラック企業あるあるですよね。私がいた会社ではむしろ営業時間内に仕事を終わらせる事ができない人が悪いといった雰囲気でした。ここに関してはかなり揉めたのでまた機会があればお話しします。

これから個人で経営しているようなお店で働こうと考えている方は絶対に入社前に上記の2点くらいはチェックしておいた方が良いです。私はこういった部分を何も確認せず、雇用契約書などの契約書を巻くこともせず働き失敗しました。自分のせいなんですけどね…

結局は少ない人数でお店を回していたため、毎日仕事終わるのは深夜。いくら働いても残業代は出ない、有給休暇も貰えない。ちなみにこの頃手取りは18万円ほど。この記事を読んでいるみなさんは私と同じ道は辿らないでください(笑)

個人経営のショップは注意が必要そうですね…人員不足だと辞めるのも大変ですし、K氏もきっと大変だったと思います。私自身「【アパレル】人手不足の店を辞める方法!強引さも大切です!」こちらの記事で語ってますが、責任感が強いと余計に辞めづらいってのもありますよね。

システムエンジニアへ転身

働いて2年ほど経った頃、世界はコロナ禍になり私自身働き方を見直しました。
もし今お店をクビになったら自分には何が残るのだろうか、自分には何ができるのだろうか、このまま安月給で一生深夜まで働く生活を続けるのかなど。

色々と考えましたが、今後は手に職を付け、市場価値をあげたいと考えた私は転職を決意しました。
一生食べていけるスキルを身につけるならIT業界だろうと考え、未経験ながら何とかシステムエンジニアとして転職を成功することができました。
転職エージェントはいくつか併用して使用したため、自分の条件にあった会社を選ぶこともできました。

エージェント登録は必須ですね。特に異業種ともなれば、担当に業界のことも直接相談できますしね。

今現在も都内のIT企業でシステムエンジニアとして働いています。今年で2年目になりましたが、アパレル時代に比べると良くなった部分が以下2点です。

収入面

給料は毎月手取りで25~30万円ほど。ここに残業代がしっかり1分単位で乗っかってきます。もちろん有給休暇も取得できます。(前の会社での反省を生かしています笑)

自分の時間が増えた

アパレル時代は22時~23時に帰宅することが多かったですが今では遅くても20時には仕事が終わります。生活も規則正しくなり、健康志向にもなりました。自分の時間が増えたことにより幸福度も以前より増した気がします。

収入も増え、健康にもなり、おまけにスキルも身についています。
今は本当に転職してよかったと思っています。

転職をして得られた変化〜まとめ〜

最後にアパレル店員からエンジニアに転職してみていくつか感じたことがあったので共有させて下さい。

私はベタな理由ですが自分の手に職を付け、できることを増やしたいと思い販売員を辞めた後、毎日必死で勉強しました。今現在も勉強は継続中です。

人間何かスキルを身に付けてできることが増えると他にもどんどんやりたいことが出てきます。
そしてまた勉強して、さらにやりたいことが出てくるといった好循環があると私は思っています。

転職はエネルギーを使いますし簡単なことではないと思いますが、興味を持った業界があれば未経験でも迷わず飛び込んでみてください。きっと良い方向に進むはずです。

何か現状を変えたいと思っていても行動しない人が世の中ほとんどです。何もしないよりは行動して失敗した方が100倍プラスになります。

現在アパレル業界で働いている方へ。

自分の好きなことを仕事にしている方は本当に輝いていますし今でも尊敬しています。

ただ、1度少し角度を変えて考えてみて下さい。服に関わる仕事はショップ店員だけではありません。私自身、今は販売員ではありませんが、アパレルのECサイト作成やホームページ作成など販売員とは違う角度で服には携わっています。服に携わる働き方はたくさんあるので自分にあった働き方がきっとあると思います。

頑張るみなさんを応援しています。

Kさんありがとうございました!エンジニア転職ってすごいですね!自分もプログラミングの勉強はしたことありますが、なかなか難しいですからね。素晴らしいです!

まずは行動することから

K氏のお話はいかがだったでしょうか?
エンジニアに転職しつつもアパレル業界に携わっており、販売員としての経験を転職先でも活かして活躍されていますね。

今では充実した日々を送っているでしょうけど、その為に努力を惜しまず勉強をしたことでしょう。やると決めたら、その目標に向けてしっかりと行動を起こしていくのが重要ですね。

今、転職をしようかどうか悩んでいる人、迷っている人はまずは行動をしてみてください。
他業種の友人の話を聞いてみたり、企業のHPを見に行ったり、転職エージェントの登録をしたり。
その行動の積み重ねが、きっと良い転職へと繋がります。

今この記事をみているあなたの未来が、もっともっと明るくなってくれたら良いなと思います!
それではまた!

転職
スポンサーリンク
執筆者
masuo

アパレル販売員をひたすらに続けている30代
大手SPAアパレルで店長をしていたが、待遇面に不安があり、
アパレル販売員でももっとお給料をいただけるブランドに転職。
現在店舗にて販売力強化の為のマネジメントや、
ネット上での商品提案業務など行いながら、日々奮闘中。

アパレルの販売員に役に立つ情報や、日頃感じた事などを
ブログにしていきます。
2児の親バカ。

masuoをフォローする
販売員のライフブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました