「売れるアパレル販売員になる」~決定率を上げる1つの接客方法

接客

こんにちは。

悩める販売員マスオです。

新米パパとして奮闘中です!

自分の子供は可愛いですね、本当。

今回は、私が実際に行っている接客方法のひとつを紹介してみたいと思います。

では早速。


お客様に無理に試着を促さない。


ちょっと誤解を招きそうな言い方ですね。

私はお客様に「ご試着してみてください」と言うことは

そんなにないです。

試着させないって訳ではないので、勘違いしないでくださいね。実際に着用した時のサイズ感は大事ですから、最終的には試着をしていただきます。

Tシャツ等は試着をせずにお買い求めになるお客様は沢山いらっしゃると思いますが、ジャケットやコート、特にボトムになるとそうはいきませんよね。

ほとんどの方が試着をすると思います。

そんな時、あなたは自分から「是非、試着をしてみてください!」と、おすすめしていませんか?

ハナから買う気マンマンのお客様でしたら、試着をしくれますが、ふらっとお店に立ち寄ったお客様はどうでしょうか?ちょっと想像してみましょう。

あなたのお店にお客様が御来店されました。店内をゆっくりとご覧になっております。

その中で、いくつかのお洋服を気になって見ています。

あなたはきっと、そのお客様にお声をかけますよね。

「こちらのお洋服〇〇〇なんですよ!」からの、

「是非、着てみてください!」

「着てみた方がわかりやすいですので」

ってな具合に。

販売員は全然そんなつもりが無くても、やたらと試着を勧められると、お客様は買わされてしまうんじゃないかと、引いてしまう可能性もあります。

まだその服も気になってるくらいだし、どんな風に着ようかなとか、まだ試着するまでじゃないんですよね。

結局「あ、大丈夫です」って言われて、接客が続かず変な空気になってしまったりしませんか?

そのような接客ばかり続いてしまっているなと感じている方は、是非この接客を試してみてください。

スポンサーリンク

お客様から「試着してみたい」と言ってもらう接客


「試着してみて良いですか?」

私はわりとこの言葉を待ったりします。と言いますか、この言葉を言っていただけるように接客します。

私が実践している接客は、まずお客様としっかり会話をすることです。

流れを見てみましょう。

お客様が御来店されました。

例えば、お客様がネイビーのジャケットをご覧になっているとします。

最初のお声かけで、そのジャケットの一番のオススメポイントから話をはじめます。

この時、お客様の反応を見ながら、軽く日常会話もしつつお客様がどんなお洋服をお持ちなのかを伺います。

ここから、そのジャケットを使って色々なコーディネートをご案内します。

たとえば、

お客様のお持ちの〇〇と合わせればこのようになります。

こっちの〇〇を使えば、〇〇な雰囲気になります。

今年のトレンドを取り入れるなら〇〇を使うのがオススメです。

などなど。

実際にはもっとお客様に合わせた会話をしますが、今回はざっくりと。

要するに、そのお客様に最大限魅力的に写るようにお洋服のご案内をすると言うことです。

そのジャケットを魅力的だと感じていただければ、お客様の方から試着をしたいと言っていただけます。

さて、お客様の心理はどうでしょうか?

「試着をしてください」と頼まれて、試着をするのと、

「試着をして良いですか?」と望んで、試着をするのは、

どっちがモチベーション高いでしょうか?

きっと後者ですよね。

こんな接客術の話をすると、ゲスいと感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、お客様にとってはプレッシャーを与えすぎることもありませんし、安心してもらえると思うんですよね。

お客様がまだそんなに興味も無いし、そんなに買う気もないのにやたらと試着をすすめてませんか?

試着をしてもらえば、決定率はあがるのはわかります。だからと言って、お客様の気持ちを無視してグイグイいっても意味が無いです。

お客様が「試着をしたくなる」接客をしてみてください。

では。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました