【クレーム!?】何が悪かったのか全然わからないけど、すごい暴言を吐かれてしまった販売員

雑記

それは誰かって?

私ですw

今回の記事は内容薄めですので、ご注意を。

私自身、販売員として10年以上の歴史の中で、多少のミスはあったものの、お客様から暴言を吐かれる程に怒らせた事はありませんし、一応プライド持って仕事してるつもりなので、なるべくお客様に楽しんでもらえるように、不快な思いをしないように、気をつけて日々接客に勤しんできました。

だから、ネット上に転がってるクレーム事例を見ても

「おぃおぃ、本当にこんな奴いるのかよ。クレームって言うかイチャモンつけてるだけやないかぃ」

なんて思いながら、自分とは触れ合うことのない別世界のような感覚でネット記事を見たりしていたのですが、とうとう私の元にも降臨なさったんですね。

彼らの一味が。

まぁまぁ、接客業をやっていれば、誰だって一度や二度くらいは厳ついクレームを食らったことがあるんではないでしょうか?

ない?

そうですか…

そんな優秀な貴方にも聞いて欲しい話があるんです。

明日は我が身だぞ!てね。

そして

愚痴くらい言わせてくれ!ってな具合に。

私の愚痴なんて聞きたかぁないでしょうが、

ただ、世の中にはそんなお客様も存在しているわけで、とっても優秀な販売員であっても、何かのきっかけでお客様を怒らせてしまう事だってあるかもしれませんので、

あー、こんなケースもあるんだな。もしこんな事が自分の身に降り掛かって来たらどうやって対処しようかなぁ。一応考えとくか…

くらいに感じていただければな、と思います。

こんな内容です

とりあえずめちゃくちゃ怖かったです。

そのお客様は電話にて商品のお問い合わせをいただいていて、その時は別の販売員が電話対応をしました。

なかなかレアな商品の問い合わせと言うこともあり、自店にはその商品の展開がない。と、言うことで、展開店舗にお願いをして、お客様のご希望の商品を何とか取り寄せたわけです。

そして、そのお客様がいよいよご来店です。

電話で対応したスタッフはその日休みだったので、たまたまそこにいた私が対応することに。

事前に商品の問い合わせから、取り寄せ対応、ご来店の大まかな予定はスタッフから聞いていましたから、

◯◯様お待ち致しておりました。御来店いただきありがとうございます。ってな感じに接客を始めたのです。

そしてお客様からのご要望として、取り寄せた商品を自身の持っているブラックの◯◯と合わせたいんだけど無いか?といわれました。

しかし自店にはお客様の持っているものに類似している商品がなかった為、申し訳ございません、今現在私共のお店でブラックの◯◯に近しい洋服が無くこちらの商品で代用してもよろしいでしょうか?と、お伺いしたわけです。素材こそ違いましたが形は恐らくかなりの近しい物を用意したつもりでした。

ただ、それではハマらず…それならと、形は少し変わるが素材感が近いものを…と思い別の商品を持ってくるも、

二着目の提案もハマらず…まだお取り寄せしたメインの商品のお話がいっさい出来ていません。

そして三着目もハマらず、

そこでお客様はプッツンとイっちゃったんすね。

なんじゃお前ゴラァ!ナメてんのか!おぉ!?

っと、大きな声を出して私の胸ぐらを掴んで(私を)壁ドンしてきたんですわな。

もうビックリしすぎて何がなんだか全然わからなかったです。

んでもって

俺は客だぞ!オメェらなんかより金持ってんだぞ?おぉ?

あんまナメた真似してるとX X X Xまうぞ、コラ!

お前なんか簡単にX X Xんだからな?

X $△◯あ”ゔ□Y!!

と、普通に生きていれば、生で自分に向けらる事の無いような言葉を色々と言われまして、こんな時はどうするのが正解なんだろうか?とにかく今はお客様を刺激してはいけない!お詫びをしなければ!何に対して詫びているのかは全くの不明だが

私の対応により不快な思いをさせてしまい申し訳ございません。みたいな事を言いました。実際あんまり覚えていないのですが…

スカしてんじゃねぇぞ?と何故か火に油をそそぐ事に…

そして胸ぐらを掴んでいた手が私の首に…

っと、まぁこの辺りで他のスタッフが止めに入ってくれたわけですが、人生初の大型クレームにマジで焦ったんですわ。

結果的に

その止めに入ったスタッフに接客を変われと言われたので、そっちに接客を投げたんですよね。そこで同じように、ブラックの◯◯で合わせたいんだけど…と同じようにそのスタッフに言うわけですね。そしたらそのスタッフも私が用意したものと同じ物持って来るもんだから、観念したんでしょうか。

結局私が提案した商品と合わせて取り寄せをした商品を試着してました。んで、取り寄せした商品はお買い上げいただきました。

そんな結果を見てしまうと結局のところ、私の何がいけなかったのか全然わからなくなってしまいまして、その日はずっと悶々としながら過ごしてしまいました。

そしてこんな横暴な態度を取られても、傅かなければいけないのか?とすごく悔しくなりました。なぜこんなにも販売員の立場は低くなってしまっているのか…と。

私はあなたの奴隷なんかじゃ無いんだ!と

ちなみに、実際に似たような経験があるよ!っていう方がいれば

また、ココが良くなかったんじゃない?ってご意見があれば

是非コメントとか貰えるとありがたいです。

ってな訳で、あんまり内容なくてすみません。

アパレル「売れる販売員になる」セット率を上げるには?考え方と方法
販売員の見た目も9割!?売れる販売員の特徴は?
「売れるアパレル販売員になる」~決定率を上げる1つの接客方法
アパレル「売れる販売員になる」高い物を売るには?考え方と売り方。
「売れる販売員になる」アウター売るなら押さえておきたい6つの事。
スポンサーリンク

副業はじめませんか?

ブログで副業をはじめませんか?

今まで散々言われてきた事ですが、これからは個人で稼ぐ時代。

特に、最近の状況を考えると「本当にこのままでいいのだろうか?」と漠然と考えている人もいるはずです。

私のようにブログを運営して、月に3万から5万でも継続的に収入があったら…

会社に依存しているだけではいけないかもしれない。

収入源を増やした方が良いかもしれない。

そう感じているのではあれば、まさに今始めるべきです。

何をして良いのかわからない人に向け、収益化の為のブログの作り方を発信します。

ここから発信する内容は全て無料の情報になります。
※ブログの運営自体は無料ではありません。

少しでも今の状況を変えたいと思っているなら、こちらから情報を見てください。
【こちらパスワード→masuosatoshi】


これからブログを始めたいと感じたあなたへ
雑記
スポンサーリンク
執筆者
masuo

アパレル販売員をひたすらに続けている30代
大手SPAアパレルで店長をしていたが、待遇面に不安があり、
アパレル販売員でももっとお給料をいただけるブランドに転職。
現在店舗にて販売力強化の為のマネジメントや、
ネット上での商品提案業務など行いながら、日々奮闘中。

アパレルの販売員に役に立つ情報や、日頃感じた事などを
ブログにしていきます。
2児の親バカ。

masuoをフォローする
悩める販売員マスオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました